2013年8月20日 (火)

玄箱HGのDebian(Squeeze)化

Kuroboxhg ここ数日,OSインスコ厨となってまして(笑),昨夜はハードディスクの不調で放置してあった玄箱HGにDebian(Squeeze)をインストールしました。
 先人の立派な記録,玄箱Debianのsqueeze化に従ってやっただけなので,なにもオリジナルなところはありませんが,自分用の作業記録として残しておきます。


 作業は,公式KuroBoxSetup.exeの実行→Debian Lenny化→Squeezeにアップグレードという流れになります。

■公式KuroBoxSetup.exeの実行
 kurog101.zip (玄箱HG用ファームウェア)をダウンロードして,解凍,KuroBoxSetup.exeで普通にセットアップします。
 EMモードに落とす必要がある場合は,

# echo -n 'NGNG' > /dev/fl3
# reboot
としてやります。

■Debian Lenny化
 玄箱HGにtelnetで接続(ユーザ名はroot,パスワードはkuroadmin)して,/root下にdebian-lenny-installer-kuroBOX-20090317.tgzdebian-lenny-kuroBOX-20090317.tgzkuro-bootsel2-debian.tgzkuro-bootsel2.20080419.tar.gzloader.okernelimage-2.6.25.1-kuroHG.tgzmodules-2.6.25.1-kuroHG.tgzの7つのファイルを転送します。次に,インストーラを解凍して,

# tar -zxvf debian-lenny-installer-kuroBOX-20090317.tgz
インストーラを実行します。
# sh debian-lenny-installer-kuroHG.sh
これで,Debian Lenny化は完了,再起動するとIPアドレスは192.168.0.100になっています。

■Squeezeにアップグレード
 Lenny化した玄箱HG(IPアドレスは192.168.0.100)にtelnetで接続(ユーザ名はtmp-kun,パスワードもtmp-kun)して,/etc/init.d/kuroevtdを下記のように編集します。(下線部を追加)

#!/bin/sh
# Start/stop the KURO-BOX Event Daemon.
# Provides: kuroevtd
# Required-Start: $network $remote_fs $syslog
# Required-Stop: $network $remote_fs $syslog
# Default-Start: 2 4 5
# Default-Stop: 0 1 3 6
# Short-Description: Start/stop the KURO-BOX Event daemon

test -f /usr/sbin/kuroevtd || exit 0
さらに,/etc/init.d/kuro_bootを下記のように編集します。(下線部を追加)
#! /bin/sh
# Provides: kuro_boot
# Required-Start: $remote_fs $all
# Required-Stop:
# Default-Start: 2 4 5
# Default-Stop: 0 1 3 6
# Short-Description: Initialize the KUROBOX AVAR

 case "$1" in
さらに,/etc/apt/sources.listのlennyの表記を全てsqueezeに変更したら編集は終わり。
# apt-get update
します。GPGに関するエラーが表示されたら,
# apt-get install debian-keyring
# apt-get install debian-archive-keyring
とします。
最後に,
#apt-get dist-upgrade
とアップグレードします。これでsqueeze化が完了です。

完全に,玄箱Debianのsqueeze化のパクリでした。
どうもすいませんm(__)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

Apache2でWebDAV

Debian4.0(etch)でWebDAVの設定をしたのでメモしておきます。
one必要なパッケージのインストール

#aptitude install apache2
#aptitude install libapache2-mod-encoding

twoWebDAVモジュールの有効化
#a2enmod dav
#a2enmod dav_fs

threeencodingの設定
/etc/apache2/mods-available/encoding.confに以下のように書く
〈IfModule mod_encoding.c〉
EncodingEngine on
NormalizeUsername on
SetServerEncoding UTF-8
DefaultClientEncoding JA-AUTO-SJIS-MS SJIS
AddClientEncoding "cadaver/" EUC-JP

fourencodingの有効化
#a2enmod encoding

fiveディレクトリの作成
# mkdir /var/www/DAV
# mkdir /var/www/conf
# chown www-data.www-data /var/www/DAV
# chown www-data.www-data /var/www/conf

sixディレクトリの設定
/etc/apache2/sites-available/defaultのバーチャルホストのところに以下のように書く

Alias /DAV "/var/www/DAV"
〈Location /DAV〉
DAV on
〈LimitExcept GET HEAD OPTIONS〉
AuthName "WebDAV access"
AuthType basic
AuthUserFile /var/www/conf/.htpasswd
require user murata
〈/LimitExcept〉
〈/Location〉

sevenパスワードの設定(basic認証)
#cd /var/www/conf
#htpasswd -cb .htpasswd murata himitsu

これでOK。クライアントのパソコンの「マイネットワーク」から「ネットワークプレースの追加」をする。
クライアントPCがWindowsXPだったら,ネットワークプレースは「http://hoge.com/DAV?」と最後に「?」をつけること。
あと,クライアントの「インターネット一時ファイル」は大きくしておかないと,転送に失敗するから注意。

WebDAVシステム構築ガイド ――Apache/IIS/Subversion/Jakarta Slide

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

DiCEの設定変更

 うちの自宅サーバ@niftyのダイナミックDNSを使ってるんだけど,DiCE for LinuxでIPアドレスの自動更新がうまくいってないみたいなので,ちょっと調べてみました。
ココを見ると,@niftyの方で設定の変更があったみたいですな。
んで,/usr/local/bin/DiCE/plug-inの@nifty.plgをコレに変えてみました。
ところが,diceを実行してみると「サーバーに接続できませんでした」とかってエラーが出ます。
いろいろググってみたらココに解決方法が書いてありました。ありがたいことですm(__)m
 @niftyのDDNSを利用するにはOpenSSLのライブラリが必要なんだけど,シンボリックリンクをちゃんと張ってやらないとダメなんだそうです。
まず,libssl.soとlibcrypto.soの在処を探してやります。
# locate libssl.so
/usr/lib/i486/libssl.so.0.9.8
/usr/lib/i586/libssl.so.0.9.8
/usr/lib/i686/cmov/libssl.so.0.9.8
/usr/lib/libssl.so.0.9.8

# locate libcrypto.so
/usr/lib/i486/libcrypto.so.0.9.8
/usr/lib/i586/libcrypto.so.0.9.8
/usr/lib/i686/cmov/libcrypto.so.0.9.8
/usr/lib/libcrypto.so.0.9.8

で,次のようにシンボリックリンクを作成します。
# ln -s /usr/lib/libssl.so.0.9.8 /usr/lib/libssl.so.0
# ln -s /usr/lib/libcrypto.so.0.9.8 /usr/lib/libcrypto.so.0

では,実行してみましょう。
# /usr/local/bin/DiCE/diced
=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
Version 0.19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad

:list
(No.) (イベント名) (スケジュール)    (次回予定)
0 * @nifty IPアドレス変化時 (7日毎) 12/15 10:27
:ex 0
+ 12/14 10:41 に@niftyが実行されました
IPアドレスを更新しました

おお,うまくできたぞ(・∀・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

ゼロスピンドル自宅サーバ

20081021_1 うちで約2年間連続稼働していたDebian3.1(sarge)Webサーバ富士通の古いノートパソコンだったのですが,OSをDebian4.0(etch)に替えるついでに,ゼロスピンドルのマシンにしてやりました。
 ハードディスクの代わりにココで2,990円で買った4GBのDOM(Disk On Module),マザーボードはEPIA-E533で,これに載ってるCPU(ESP 5000)もファンレスです。電源もACアダプタですから,機械的に回転するものは何もありません。

20081021_2_2 これは以前VineLinuxをインストールして,しばらく自宅サーバとして使っていたものですが,当時はハードディスクを使っていましたから,長期運用には少し心配がありました。んで今回,完全ゼロスピンドルマシンとして現役復帰させたってわけです。
ハードディスクの入っていないケースはなんだかスカスカで頼りないですな(笑)
20081021_3 これが,DOMとCPU周辺の写真です。DOMは4GBしかないけど,とりあえず大丈夫でしょう。
 完全無音かつ低消費電力なのがうれしいですね。
これから数年はこいつに頑張ってもらいましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

Debian etchにアップグレード

Debian_etch 今さらですが,自宅サーバのDebian sargeをetch(えっち)にアップグレードしてやろうかしらんと思って,まずは他のパソコンで練習してみました。
 以前sargeをインストールして放置してあったLibretto 70を起動して,

 #aptitude update
 #aptitude upgrade

しておいてから(必要ないか・・)

#aptitude dist-upgrade
してやりました。 MMX120MHzで32MBしかない非力なマシンなので1時間近くかかりましたが,なんとかうまくいったみたい。 「あ,カーネルも2.6にしてやろっと」
#aptitude install linux-image-2.6-486
としてやると,またまたノソノソ動いてます(笑) カーネルを入れ替えたんだから再起動してやらなくちゃ,と #rebootしてやるとなんだかヘン。 ちゃんと起動して,LANカード(ELECOMのLD-CDl/TX)も認識してるみたいなのに,ネットにつながりません。 とりあえず,
#/etc/init.d/networking restart
してやったら,つながるようになったけど,どうなってるのかな。ちょっとググってみなくちゃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

しばらくsargeのままでいくか

Debian_mug 僕が自宅に立ててるWebサーバDebian GNU/Linux 3.1 (sarge)で動いてるんだけど,4月8日に安定版は4.0 (etch)になったようで,aptitude updateやaptitude upgradeすると何だかややこしいことを言ってきます。
dist-upgradeしてもいいんだけど,めんどうだからしばらくはsargeのままでいこうと思います。
んで,sources.listを

deb ftp://ftp1.debian.or.jp/debian/ stable main
deb-src ftp://ftp1.debian.or.jp/debian/ stable main
deb http://security.debian.org/ stable/updates main contrib
から
deb ftp://ftp1.debian.or.jp/debian/ sarge main
deb-src ftp://ftp1.debian.or.jp/debian/ sarge main
deb http://security.debian.org/ sarge/updates main contrib
と書き換えてやりました。
とりあえず今回は単なる作業メモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

Libretto70にDebian 【その2】

 MS-DOSでFormatしたCドライブに,loadlin.exeとvmlinuzとinitrd.gzを入れて,

loadlin vmlinuz initrd=initrd.gz root=/dev/ram ramdisk_size=14000
とかしてやると,インストーラが起動しました。
「メモリが少ないぜ」とか文句を言われますが無視して進めます。
しばらくすると,どうもDebianインストールDiskの.isoイメージを探してる様子。そうか,それも要るのか。

 200611231 ハードディスクをもう一度FDISKして,今度は160MB弱の領域を確保。FAT16でフォーマットしてsys c:してから,さっきの3つのファイルに加えてdebian-31r4-i386-netinst.isoを入れてやりました。
んで,もう一度さっきのコマンドを打つと,今度は順調にインストールが始まりました。
カードスロットにつっこんであるLPC2-TというNE2000互換のLANカードのLEDも点灯し,認識したみたいです。よしよし(^-^)

200611234 パーティションを切る段階まで進んだので,空き領域全部を「/」とswapにしようとしてるのが上の写真。

 ところが,「/」をext3でフォーマットする段階で失敗してしまいます。試しにext2に変えても同じ。うーむ,弱ったなあ・・・。
 

で,ramdiskの容量を増やして,

loadlin vmlinuz initrd=initrd.gz root=/dev/ram ramdisk_size=32000
としてやったらあっさり解決。
200611235 メモリが足りなくなってコケてただけのようですね(^^;)
インストールには40分ほどかかりました(baseシステムのみ)が,再起動すると無事Debian sargeが立ち上がってきました。さーて,自宅サーバをこいつに替えてやろうかな(^o^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

Libretto70にDebian 【その1】

20061120 東芝のLibretto 70というパソコン(MMX-Pentium120MHz,32MB,1.6GB)を手に入れました。ディスプレイが6.1インチのちっちゃいヤツです。

Windows95が入っている1.6GBのハードディスクを6.4GBのものに換装し,Debianでも入れてやろうと思ってます。
んで,今日やったことのメモ。
(1) 元々入っていたWindows95で起動Diskを作成。
(2) 6.4GBのハードディスクに換装してから,この起動Diskで起動。
(3) FDISKで100MBのMS-DOS領域を作ってFormatし,sys c: した。
リブレットの起動DiskでFDISK,Formatするとハイバネーション領域をちゃんと作ってくれるらしいです。
これをやっとかないと,マズいことがあるらしいんでね。
あとは,この100MBのDOS領域にloadlin.exe とかのインストール用のファイルを入れればインストールできるのかな?
まあ,別のCD-ROMドライブ付きパソコンにつないでインストールするって手もあるんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

自宅サーバからメールが送れない

20060507 どうも僕には定期的にサーバを交換したくなるクセがあるようで,先日¥2,980で買った中古ノートPC(富士通のFMV-6233NU2/W,PenⅡ233MHz/160MB/4GB)にDebian GNU/Linux 3.1(sarge)を入れてサーバに仕立てました。
たいしてアクセスもないし,この程度のスペックで十分だよね。
 で,久しぶりにPostfixでメールサーバも立ててメールを送ってみたんだけど,どこにも届きません。
どうしたのかと思って調べてみたら,どうも僕が契約してるniftyのコレ↓のせいらしいです。
25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)の実施について
うーん,niftyもつまんないことをするもんですね。
仕方がないので,/etc/postfix/main.cf に,

relayhost = smtp.nifty.com
と書いて,niftyのsmtpサーバを中継してやったらうまくいきました。
でも,せっかくの自宅メールサーバなのに,nifty経由にしなくちゃならないなんておもしろくないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

Debianでいこう!(4) WebDAVのインストール

忘れないうちにメモしとこっと φ(..)

■libapache-mod-dav のインストール。

# aptitude install libapache-mod-dav

■日本語ファイル名が文字化けしないように,libapache-mod-encoding のインストール。

# aptitude install libapache-mod-encoding

■/etc/apache/modules.conf の確認。

LoadModule dav_module /usr/lib/apache/1.3/libdav.so
LoadModule encoding_module /usr/lib/apache/1.3/mod_encoding.so

■/var/www にdavというディレクトリを作る。

# mkdir /var/www/dav
# chown www-data:www-data /var/www/dav

■/var/www にmod_davというディレクトリを作る。
# mkdir /var/www/mod_dav
# chown www-data:www-data /var/www/mod_dav

■/etc/apache/httpd.conf に以下を書き加える。

<IfModule mod_dav.c>
DAVLockDB /var/lock/DAV/DAVLock
</IfModule>

<Location /dav>
DAV On
<LimitExcept GET HEAD OPTIONS>
AuthName "WebDAV access"
AuthType basic
AuthUserFile /var/www/mod_dav/.htpasswd
require user murata
</LimitExcept>
</Location>

<IfModule mod_encoding.c>
EncodingEngine on
NormalizeUsername on
SetServerEncoding UTF-8
DefaultClientEncoding JA-AUTO-SJIS-MS SJIS
AddClientEncoding "cadaver/" EUC-JP
</IfModule>

■Apacheの再起動

■パスワードの設定

#cd /var/www/mod_dav
#htpasswd -cb .htpasswd murata himitsu

■クライアントPC(Windows)からWebDAVにアクセス
BASIC認証→Webフォルダができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)