« Arduinoで作ろう(46) APIを叩いて現在の為替レートを取得する | トップページ | Arduinoで作ろう(48) GPSのデータをAmbientに投げる »

2020年4月18日 (土)

Arduinoで作ろう(47) GPSモジュールで現在地の緯度・経度を取得

Esp32gps_

 aitendoで買ったGPSモジュールNEO-6MをESP32につないで。現在地を取得してみました。
TinyGPS++というライブラリを使うと,GPSモジュールから簡単に時刻,緯度(LAT),経度(LNG),標高(ALT)などを取り出すことができます。

20200418

 よく行くパソコンショップの駐車場にクルマを止めて,この装置で現在地を取得し,GoogleMapに緯度・経度を入力してみると正確に測位できていることが確認できました。これは普通にすごいな。

Gps_map

//ESP32 + GPSモジュール NEO-6M 

#include "TinyGPS++.h" //http://arduiniana.org/libraries/tinygpsplus/
#include "HardwareSerial.h"
#include "Wire.h"
#include "SSD1306.h"
SSD1306 display(0x3c, 21, 22); //I2Cアドレス0x3c,SDA->GPIO21,SCL->GPIO22
TinyGPSPlus gps;
HardwareSerial serial2(2); //ESP32_GPIO16->GPS_TX , ESP32_GPIO17->GPS_RX

void setup() {
  display.init();
  pinMode(2, OUTPUT);
  digitalWrite(2, LOW);
  Serial.begin(9600);
  Serial.println("Start GPS... ");
  display.clear();
  display.drawString(0,0,"Start GPS... ");
  display.display();
  serial2.begin(9600);
}

void loop() {
  if (serial2.available()){
   char c = serial2.read();
   gps.encode(c);
   if (gps.location.isUpdated()) {
    digitalWrite(2, HIGH);
    Serial.print("LAT: "); Serial.println(gps.location.lat(), 9);
    Serial.print("LONG: "); Serial.println(gps.location.lng(), 9);
    display.clear();
    display.drawString(0,0,String(gps.time.hour()+9)+":"+String(gps.time.minute())+":"+String(gps.time.second())+" JST");
    display.drawString(0,20,"LAT : "+String(gps.location.lat(),9));
    display.drawString(0,35,"LNG : "+String(gps.location.lng(),9));
    display.drawString(0,50,"ALT : "+String(gps.altitude.meters())+"m");
    display.display();
  } else{
    digitalWrite(2, LOW);
  }
 }
}

|

« Arduinoで作ろう(46) APIを叩いて現在の為替レートを取得する | トップページ | Arduinoで作ろう(48) GPSのデータをAmbientに投げる »

Arduino」カテゴリの記事

ESP8266 , ESP32」カテゴリの記事

aitendo」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Arduinoで作ろう(46) APIを叩いて現在の為替レートを取得する | トップページ | Arduinoで作ろう(48) GPSのデータをAmbientに投げる »