« Arduinoで作ろう(48) GPSのデータをAmbientに投げる | トップページ | Arduinoで作ろう(50) 温度・湿度・気圧データをBlynkで見てみる »

2020年4月25日 (土)

Arduinoで作ろう(49) BLEでリモートLチカ

Blynk_lchika_

 ESP32の BLE (Bluetooth Low Energy) を使ってLチカをやってみました。
Blynkというスマホアプリを使ってESP32とスマホをBluetoothで接続し,3つのLEDをリモートから点けたり消したりします。
「それで?」というハナシですが,とりあえずBlynkを使う練習ですね。

 App StoreやGoogle PlayでBlynkをスマホにインストールしてユーザ登録したら,さっそくプロジェクトを作ります。
プロジェクト名は「L-chika」としておきましょうかね。

Blynk1

 「AUTH TOKEN」は,ESP32のスケッチに書き込みますからE-Mailボタンをタップして自分に送っておきましょう。
続けてウィジェットからボタン等の必要なパーツを選んで操作画面に並べていきます。
Blynk2

 雑な説明ですが(^^;), 触ってれば直観的に何をすればいいのか分かりますから大丈夫。

 次にESP32のスケッチを書きます。
Blynkのライブラリが必要ですから,Arduino IDEで スケッチ>ライブラリをインクルード>ライブラリを管理 と進んでライブラリマネージャでBlynkを検索すればすぐ見つかります。

//Blynk で リモートLチカ

#define BLYNK_PRINT Serial
#define BLYNK_USE_DIRECT_CONNECT
#include <BlynkSimpleEsp32_BLE.h>
#include <BLEDevice.h>
#include <BLEServer.h>
char auth[] = "あなたのAuth Token";

void setup(){
  pinMode(21, OUTPUT);
  pinMode(22, OUTPUT);
  pinMode(23, OUTPUT);
  Serial.begin(9600);
  Serial.println("Waiting for connections...");
  Blynk.setDeviceName("L-chika");
  Blynk.begin(auth);
}

void loop(){
  Blynk.run();
}


|

« Arduinoで作ろう(48) GPSのデータをAmbientに投げる | トップページ | Arduinoで作ろう(50) 温度・湿度・気圧データをBlynkで見てみる »

Arduino」カテゴリの記事

ESP8266 , ESP32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Arduinoで作ろう(48) GPSのデータをAmbientに投げる | トップページ | Arduinoで作ろう(50) 温度・湿度・気圧データをBlynkで見てみる »