« Arduinoで作ろう(6) LM35DZで温度計 | トップページ | Arduinoで作ろう(8) DHT11で温湿度計 »

2018年6月 9日 (土)

Arduinoで作ろう(7) I2CのLCD + LM35DZで温度計

Arduino7

LM35DZの温度計の表示装置を7セグLEDからI2C接続の小型LCDAQM0802Aに替えてみました。
オレ工房さんがお作りになったI2C液晶のArduinoライブラリ – ST7032を使うとカンタンにできます。
LCDの電源以外の接続は,
SDA(データ)→ArduinoのA4,
SCL(クロック)→ArduinoのA5 の2本だけです。

スケッチはこちら→ 20180609.ino

lcd.write(0b11011111); lcd.print("C"); ってところは,単位の ℃ を(それらしく)表示するための記述です。


/*
温度センサLM35DZ
I2C接続LCD(AE-AQM0802)
*/

#include <Wire.h>
#include <ST7032.h>
ST7032 lcd;
float analogdata, temp;

void setup() {
lcd.begin(16, 2);
lcd.setContrast(30);
}

void loop() {
analogdata = analogRead(A0); // 温度センサの出力をanalogdataへ
temp = ((5.0 * analogdata) / 1024) * 100; // 温度センサの出力値を"℃"に変換
lcd.setCursor(0, 0);
lcd.print(analogdata);
lcd.setCursor(0, 1);
lcd.print(temp); lcd.write(0b11011111); lcd.print("C");
delay(1000);
}

|

« Arduinoで作ろう(6) LM35DZで温度計 | トップページ | Arduinoで作ろう(8) DHT11で温湿度計 »

Arduino」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Arduinoで作ろう(7) I2CのLCD + LM35DZで温度計:

« Arduinoで作ろう(6) LM35DZで温度計 | トップページ | Arduinoで作ろう(8) DHT11で温湿度計 »