« Arduinoで作ろう(12) サーボモータを動かす | トップページ | Arduinoで作ろう(14) ラーメンタイマー »

2018年6月17日 (日)

Arduinoで作ろう(13) 大気圧センサMPL115A2

Mpl115a2_

I2C接続の大気圧センサ MPL115A2 を使って大気圧計を作ってみました。
以前,秋月電子で買ったものですが,今はSPI接続のMPL115A1しか売ってないみたいです。売り切れたのかしら?

このセンサを使うのにとても便利なライブラリがArduinoで遊ぶページで公開されています。ありがたいことです。
このライブラリを使うと,MPL115A2.read() という関数で大気圧を取得できるようになります。

で,実際に動かしてみると,このセンサは精度がイマイチのようで,値が±2 hPa くらいでフラフラします。電源が不安定なのかもしれませんが・・・。
特に小数点以下がフラフラしてうるさいので,int で整数値にしてみました。

スケッチはこちら→ 20180617.ino

/* 気圧センサMPL115A2 (I2C接続) */

#include <Wire.h>
#include <MPL115A2.h>
#include <ST7032.h>
ST7032 lcd;

void setup () {
lcd.begin(16, 2);
lcd.setContrast(30);
MPL115A2.begin();
}

void loop () {
lcd.setCursor(0, 0);
lcd.print(int(MPL115A2.read())); lcd.print(" hPa");
delay(1000);
}

|

« Arduinoで作ろう(12) サーボモータを動かす | トップページ | Arduinoで作ろう(14) ラーメンタイマー »

Arduino」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Arduinoで作ろう(13) 大気圧センサMPL115A2:

« Arduinoで作ろう(12) サーボモータを動かす | トップページ | Arduinoで作ろう(14) ラーメンタイマー »