« PICのお勉強(35) C言語編 PWMでサーボモータを動かす | トップページ | Slayer Exciter "ミニもよろしく" »

2015年4月25日 (土)

Slayer Exciter

0362 岐阜物理サークルの例会で松田先生が紹介してくれたSlayer Exciterという,テスラコイルっぽい装置を作ってみました。トランジスタを使ってブロッキング発振という方法で高周波を作っているようです。
テスラコイルみたいにすごい放電は起こせませんが,コイルに蛍光灯を近づけるとピカピカ光ってとても愉快です。文化祭ネタに良いかもしれませんね。

とりあえず回路図はこうなってます。
Slayerexciter 直径5cmの紙筒にφ0.32mmのUEW線を約900回巻いて2次コイル,φ0.60mmの線を7回巻いて1次コイルとしました。長時間動かす場合は,トランジスタにちゃんと放熱板を取り付けたほうが良いと思います。
電源を12Vにすると,電磁波が少し強くなりますが,トランジスタの発熱がすごいです。まあこのへんはトレードオフでしょうなあ。


|

« PICのお勉強(35) C言語編 PWMでサーボモータを動かす | トップページ | Slayer Exciter "ミニもよろしく" »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26930/61491717

この記事へのトラックバック一覧です: Slayer Exciter:

« PICのお勉強(35) C言語編 PWMでサーボモータを動かす | トップページ | Slayer Exciter "ミニもよろしく" »