« 2014年10月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

IchigoJamでプログラミング 『Hit & Blow』

1070380 40年前,高校時代にクラスで流行ったゲーム「Hit & Blow」をIchigoJamのBASICで作ってみました。
これは出題者が0~9の異なる数字で作った4桁の数字を回答者が当てるというゲームで,数字も桁も合っている場合が「Hit」,その数字は合ってるけど桁の位置が間違っている場合は「Blow」です。
例えば問題が「3275」の場合,回答者が「5239かな?」と答えたら,出題者(パソコン)は「Hitは1つ,Blowは2つだね」と応ずるわけです。単純だけど,結構ハマります。もちろん高校時代は2人で紙と鉛筆を使って遊んでたんですけどね。
IchigoJam-FANにも投稿がありましたが,これは最近実装されたfor ~ nextを使って作ってみました。その昔,FM-8のF-BASICでも作ったことがあるのですが,IchigoJamのBASICによるソースはこれ↓
 
10 'HIT & BLOW
20 CLV:CLS:LC5,0:?"===== HIT & BLOW =====":?
30 LET[0],RND(9)
40 LET[1],RND(9)
50 IF[1]=[0]THEN GOTO40
60 LET[2],RND(9)
70 IF[2]=[1]OR[2]=[0] GOTO60
80 LET[3],RND(9)
90 IF[3]=[2]OR[3]=[1]OR[3]=[0] GOTO80
95 ' ?[0];[1];[2];[3]:?
100 H=0:B=0
110 ?"NUMBER? ";
120 LET[10],INKEY()
130 IF [10]=0 GOTO120
140 LET[10],[10]-48:?[10];
150 LET[11],INKEY()
160 IF[11]=O GOTO150
170 LET[11],[11]-48:?[11];
180 LET[12],INKEY()
190 IF[12]=0 GOTO180
200 LET[12],[12]-48:?[12];
210 LET[13],INKEY()
220 IF[13]=0 GOTO210
230 LET[13],[13]-48:?[13];
240 FOR I=0TO3
250 FOR J=10TO13
260 IF[I]<>[J] GOTO280
270 IF I+10=J H=H+1 ELSE B=B+1
280 NEXT:NEXT
290 ?" HIT ";H;" BLOW ";B
300 IF H=4 ?"========Congratulations!========"ELSE GOTO100

「HitAndBlow.txt」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

IchigoJam周辺機器ボードの製作

Ichigojam2  昨年の9月にこどもパソコン IchigoJamってのを知り,1,500円のキットを速攻で購入して組み立てました。
61mm×45mmという小さな基板に乗ったワンボードPCにキーボードとモニタを繋いで電源を入れると,即座に昔懐かしいBASICが起動してくるんです。35年前に初ボーナスで富士通のFM-8を買ったときのワクワク感を思い出しました。IchigoJamが「おっさんホイホイ」と呼ばれているのもよく分かります(笑)
 数日間,BASICで小さなプログラムを書いて遊んでたんですが,「for ~ next」が使えないとか,「プログラムを3つしか保存できない」とかの小さな不満を感じて,先週まで放置していました。
Ichigojam1 ところが,本屋で見つけた電子工作マガジン 2015年5 月号
の「IchigoJam周辺機器ボードの製作」という記事を見て,ファームアップすれば「for ~ next」が使えるようになるし,ROMカセットを接続すれば128個のプログラムを保存できるようになることを知り,さっそくパーツを集めて作ってみました。
 USBシリアル変換モジュールは秋月のこれ(600円)でROMカセットのEEPROMも秋月のこれ(250円)です。IchigoJamは秋月でも取り扱いを始めたんですね。知らなかったー。
 完成した周辺機器ボードとUSBシリアル変換モジュールをIchigoJamに取り付けてWindowsパソコンと接続しFacebook グループ IchigoJam-FANでダウンロードした新しいファームウェアichigojam-1.0.0-b5を書き込みました。これで「for ~ next」が使えるようになるのです。IchigoJamのFacebookグループも活発に活動しているようです。おっさんの皆さん,ぜひどうぞw

【2015/05/03追記】
本日Facebookグループにアップロードされた新ファームウェア chigojam-1.0.0-b6から,圧電スピーカを接続するピンが変更になりました。OUT5ピンがSOUNDピンに(僕の2014年9月頃のバージョンのIchigoJamは,EX3ピンがSOUNDピンに)なります。
さっそくこの周辺機器ボードの配線もやり直しました。老眼にはキツい作業でしたw



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

Slayer Exciter "ミニもよろしく"

Slayerexciter_s YouTubeで,海外の作例を見ていたら,コイルの長さが数cmのSlayer Exciterをいくつか見かけました。
フェライト棒を使って,少ない巻き数でもインダクタンスを稼いでいるようです。
パーツ箱を探したら,AMラジオ用のフェライトバーアンテナを見つけたので,このミニSlayerExciterに挑戦してみました。
フェライトバーアンテナからアンテナコイルをとりはずし,代わりにφ0.18mmのUEW線を250回巻き,その上にφ0.60mmのUEW線を2回巻いて,発振用コイルとします。
Slayerexcitermini トランジスタは2SC1815,動作確認用に小さなLEDも入れてみました。電源は006Pで,予定通りコンパクトな装置となり,満足満足。
ややパワー不足ではあるけれど,十分遊べます。

YouTubeの動画を御覧ください↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

Slayer Exciter

0362 岐阜物理サークルの例会で松田先生が紹介してくれたSlayer Exciterという,テスラコイルっぽい装置を作ってみました。トランジスタを使ってブロッキング発振という方法で高周波を作っているようです。
テスラコイルみたいにすごい放電は起こせませんが,コイルに蛍光灯を近づけるとピカピカ光ってとても愉快です。文化祭ネタに良いかもしれませんね。

とりあえず回路図はこうなってます。
Slayerexciter 直径5cmの紙筒にφ0.32mmのUEW線を約900回巻いて2次コイル,φ0.60mmの線を7回巻いて1次コイルとしました。長時間動かす場合は,トランジスタにちゃんと放熱板を取り付けたほうが良いと思います。
電源を12Vにすると,電磁波が少し強くなりますが,トランジスタの発熱がすごいです。まあこのへんはトレードオフでしょうなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年5月 »