« デジット/DSPラジオモジュールで短波放送を受信してみた | トップページ | 秋月電子/新居浜高専PICマイコン学習キット Ver.2 »

2014年3月 9日 (日)

屈折走行するクルマ

Wavecar1 元高校物理教師の石川幸一先生の著書「視点を変えて物理を楽しもう」に載っている「屈折走行するクルマ」を作ってみました。
 左車輪用と右車輪用にそれぞれモーターがついていて,白い床の上では高速回転し,黒い床の上では低速回転するようになっているので,白床→黒床に斜めに進入するとクルマが少しだけ向きを変え,「屈折」します。
波が媒質の境界で屈折するのは,媒質によって波の進む速さが異なるのが理由ですから,このクルマはこの単元を教えるのにたいへん役立ちます。
Wavecar2 詳しい回路は石川先生の著書を見ていただくとして,概略を説明しましょう。
赤いLEDで床を照らし,反射光をCdS(昔からある光センサ)で拾います。床が明るいときはモーターが3Vの電池に,床が暗いときは1.5Vの電池につながるよう,リレーを使って切り替えています。トランジスタ1個で作れるシンプルな回路です。
TouTubeに動画をアップロードしました↓

|

« デジット/DSPラジオモジュールで短波放送を受信してみた | トップページ | 秋月電子/新居浜高専PICマイコン学習キット Ver.2 »

学問・資格」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26930/59263402

この記事へのトラックバック一覧です: 屈折走行するクルマ:

« デジット/DSPラジオモジュールで短波放送を受信してみた | トップページ | 秋月電子/新居浜高専PICマイコン学習キット Ver.2 »