« 2013年2月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年8月

2013年8月23日 (金)

デジット/DSPラジオモジュールで短波放送を受信してみた

Dsp_radio デジットのパーツセットで作ったDSPラジオをグレードアップしました。改造した点は2つ。

(1)AMバーアンテナの交換 パーツセットについてたものは,いかにも小さくて貧弱だったので,PA-63Rに替えてみました。
Lが360μHで,オリジナルのよりちょっと小さいですが,問題ありません。これでグンと感度がアップしました。これはオススメです。PA-63Rは,足がついてるので基板にしっかり固定できるし。

(2)DIPスイッチをつけて,短波放送も聴けるようにする
 4PのDIPスイッチを取り付けると,AMモードのときに受信バンドを切り替えて,短波放送も聴くことができるようになります。
AMモードの時のバンドは次のようになっています。

1) AM (520kHz~1710kHz)
2) SW1 (5.95MHz~6.2MHz)
3) SW2 (7.1MHz~7.3MHz)
4) SW3 (9.5MHz~9.9MHz)
5) SW4 (11.65MHz~12.05MHz)
6) SW5 (13.6MHz~13.8MHz)
7) SW6 (15.1MHz~15.6MHz)
8) SW7 (17.5MHz~17.9MHz)
9) SW8 (21.45MHz~21.85MHz)
 屋根の上に立ててあるアマチュア無線用のアンテナ(430MHz)をつないでやったら,同軸ケーブルの長さの分(15mくらい)がアンテナになるかと思ったのですが,ちゃんとつなぐより,同軸コネクタのそばにDSPラジオを置いてやる(アンテナとゆるく結合する)だけのほうが具合が良いようです。
 6.115MHzのラジオNIKKEIはちゃんと受信できました。あとは,謎の中国語放送とか,いろいろ。
それにしても,チューニングがクリティカルで,いまひとつ慣れないなあ。

【関連エントリー】 デジット/DSPラジオモジュール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

音のフレネルレンズ

Lens
 自宅サーバを新調した記念に,僕の重要論文(?)をひとつPDFでアップロードしました。
物理おもしろ.COMのメニュー「PDF Files」→「波動・光学」→「音のフレネルレンズ」と進んでください。直リンはこちら

 ホームセンターで売ってるプラ段ボールを使うと,比較的簡単に「音のフレネルレンズ」を作れます。科学館なんかでよく見るコレですね。
 PDFで設計方法をご紹介します。ぜひご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

玄箱HGのDebian(Squeeze)化

Kuroboxhg ここ数日,OSインスコ厨となってまして(笑),昨夜はハードディスクの不調で放置してあった玄箱HGにDebian(Squeeze)をインストールしました。
 先人の立派な記録,玄箱Debianのsqueeze化に従ってやっただけなので,なにもオリジナルなところはありませんが,自分用の作業記録として残しておきます。


 作業は,公式KuroBoxSetup.exeの実行→Debian Lenny化→Squeezeにアップグレードという流れになります。

■公式KuroBoxSetup.exeの実行
 kurog101.zip (玄箱HG用ファームウェア)をダウンロードして,解凍,KuroBoxSetup.exeで普通にセットアップします。
 EMモードに落とす必要がある場合は,

# echo -n 'NGNG' > /dev/fl3
# reboot
としてやります。

■Debian Lenny化
 玄箱HGにtelnetで接続(ユーザ名はroot,パスワードはkuroadmin)して,/root下にdebian-lenny-installer-kuroBOX-20090317.tgzdebian-lenny-kuroBOX-20090317.tgzkuro-bootsel2-debian.tgzkuro-bootsel2.20080419.tar.gzloader.okernelimage-2.6.25.1-kuroHG.tgzmodules-2.6.25.1-kuroHG.tgzの7つのファイルを転送します。次に,インストーラを解凍して,

# tar -zxvf debian-lenny-installer-kuroBOX-20090317.tgz
インストーラを実行します。
# sh debian-lenny-installer-kuroHG.sh
これで,Debian Lenny化は完了,再起動するとIPアドレスは192.168.0.100になっています。

■Squeezeにアップグレード
 Lenny化した玄箱HG(IPアドレスは192.168.0.100)にtelnetで接続(ユーザ名はtmp-kun,パスワードもtmp-kun)して,/etc/init.d/kuroevtdを下記のように編集します。(下線部を追加)

#!/bin/sh
# Start/stop the KURO-BOX Event Daemon.
# Provides: kuroevtd
# Required-Start: $network $remote_fs $syslog
# Required-Stop: $network $remote_fs $syslog
# Default-Start: 2 4 5
# Default-Stop: 0 1 3 6
# Short-Description: Start/stop the KURO-BOX Event daemon

test -f /usr/sbin/kuroevtd || exit 0
さらに,/etc/init.d/kuro_bootを下記のように編集します。(下線部を追加)
#! /bin/sh
# Provides: kuro_boot
# Required-Start: $remote_fs $all
# Required-Stop:
# Default-Start: 2 4 5
# Default-Stop: 0 1 3 6
# Short-Description: Initialize the KUROBOX AVAR

 case "$1" in
さらに,/etc/apt/sources.listのlennyの表記を全てsqueezeに変更したら編集は終わり。
# apt-get update
します。GPGに関するエラーが表示されたら,
# apt-get install debian-keyring
# apt-get install debian-archive-keyring
とします。
最後に,
#apt-get dist-upgrade
とアップグレードします。これでsqueeze化が完了です。

完全に,玄箱Debianのsqueeze化のパクリでした。
どうもすいませんm(__)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

Raspberry Pi で遊ぶ (5) WinSCPでファイル転送→Webサーバ公開

 lighttpd(Webサーバ)も動き始めたので,FTPでhtmlファイル等を転送してやろうと思ったのですが,最近はセキュアなSFTPなんてプロトコルがあるんですね。知らなかった。FTPサーバを動かして余計なポートを開ける必要がないのはありがたいですな。
 でも,いつも使ってるFFFTPはSFTPに対応してないので,有名どころのSFTPクライアントWinSCPをWindowsマシンにインストールしました。
 んで,Raspberry Piに接続した様子が下の画面。ドラッグ&ドロップで簡単にファイル転送できます。こりゃいいわflair

Winscp

 というわけで,今まで使っていた自宅サーバをこのRaspberry Piに置き換えてやりました。

Physics_atnifty_com 今まで使ってたのもファンレスのVIA EPIA-E533IDE互換のDOM(4GB)を使ったゼロスピンドルサーバで,十分に省エネマシンだったのですが,今度のは3.5Wですからすごいですよね。
 URLは,http://physics.atnifty.com/です。ぜひアクセスしてみてください。

 でも,ひとつ問題があって,まだCGIを動かせてないのです。
ネットで情報収集中なんですが,うまくいきません。お盆休みも今日で終わりだし,しばらくは放置プレイになるかもーcoldsweats01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

Raspberry Pi で遊ぶ (4) lighttpdのインストール

 Raspberry PiをWebサーバにするために,lighttpdというパッケージを導入しました。
使い慣れたApacheにしようかとも思ったのですが,軽量なlighttpdを選択してみました。Raspbianはこれが推奨パッケージみたいだしね。

$ sudo apt-get install lighttpd
でサクッとインストール完了です。

Install_lighttpd

 ちゃんと動いてるかな?と思って,http://192.168.0.8/ にアクセスしてみると,下のようにちゃんと表示されました。えらいえらいsun

Placeholder_page

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

Raspberry Pi で遊ぶ (3) デスクトップ環境

Snapshot1_2
 Raspbianでは,LXDEというデスクトップ環境を使っています。
LXDEは,Raspberry Piのような非力なマシンでも比較的軽快に動作しますよ。

$ startx
で,このデスクトップ環境を起動することができます。
起動画面の動画はこれ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

Raspberry Pi で遊ぶ (2) ネットワークの設定

■ネットワークの設定(固定IPアドレスの設定)

 Raspberry Piは,何も設定しなくてもDHCPでIPアドレスを取得しますが,固定IPアドレスを割り当ててやりました。
/etc/network/interfacesをnanoというテキストエディタで編集してやります。nanoはviより使いやすいですな。

$ sudo nano /etc/network/interfaces
でファイルを開き,

Interfaces

と書き換えてやりました。再起動して,

$ ifconfig
とすると,IPアドレスが192.168.0.8になっていることを確認できます。

■日本語環境の設定

まず,デフォルトの言語を日本語にするために

$ sudo raspi-config
として,change-localeから,デフォルトの言語としてja_JP.UTF-8を選択。次に日本語フォントをインストールします。
$ sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname
さらに,日本語FPのAnthyをインストールします。
$ sudo apt-get install uim uim-anthy
最後に,コンソールで日本語を表示できるように,jfbtermをインストールします。
$ sudo apt-get install jfbterm
これで,
$ jfbterm
とすれば,コンソールで日本語を表示できます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

Raspberry Pi で遊ぶ (1) OSのインストール

Raspberry_pi_1 一部マニアの間で話題になっているARMプロセッサを搭載した名刺サイズのシングルボードコンピュータ,Raspberry Pi (ラズベリー・パイ)で遊んでみようと思います。Model B (512MB)で,4,800円でした。
 これに,OS(Linux)をインストールしたSDカードを入れ,マウス,キーボード,ディスプレイ,LANケーブルをつなげば,GUIベースで立派に動くパソコンになっちゃうのです。これはすごい。
とりあえず目標を「Webサーバ構築」として,ぼちぼち作業を進めようと思います。
DVI入力のディスプレイしか持ってなかったので,HDMI-DVI変換ケーブルも買いました。2つ合わせて5,500円で,しばらくは遊べそうwink

■SDカードにOS(Raspbian)をインストール

Ddforwindows

 SDカードの容量は,4GBもあればよいらしいのですが,手持ちのが8GBだったので,これを使うことにします。
インストールするOSは,Debian系のRaspbianというやつで,ココでRaspbian “wheezy”のRaw ImagesのZIPファイルをダウンロードし,解凍しておきます。
 WindowsマシンにSDを入れたカードリーダをつなぎ,DDforWindowsを使ってRaspbianのイメージファイルをSDカードに書き込みました。ほんの数分で終わります。

■Raspi-configの設定

Raspiconfig
 できあがったSDをRaspbian PiのSDカードスロットに挿入し,電源を投入すると,ディスプレイにずらずらとメッセージが流れた後に初期設定のためのユーティリティRaspi-configが現れます。
上から順に,次のように設定しました。
expand_rootfs (SDカードの領域拡張)・・・「Yes」っていうか,このメニューを選んでEnterキーを押すだけ。
configure_keyboard (キーボードの設定)・・・Generic 105-key(intl)PC→Other→Japanese→Japanese-Japanese(OADG 109A)→The default for keyboard layout→No compose key
change_pass (パスワードの変更)・・・ユーザ「Pi」のパスワードの初期値「raspberry」を適当なものに変更。
change_locale (言語の設定)・・・とりあえずen_GB.UTF-8のままにしておきました。
change_timezone (タイムゾーンの設定)・・・Asia→Tokyo
ssh (SSHサーバの有効化)・・・有効にしました。

上記のように設定し,TABキーを押して「Finish」を選択し,再起動します。
Debianを触ったことがあるおかげで,特に迷うことなく設定が終了しましたshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

デジット/DSPラジオモジュール

Dspradio1 大阪日本橋のデジットでDSPラジオモジュール・パーツセット (1,400円)を買ってきて,AM/FMラジオを作ってみました。ラジオを作るなんて,中学生のとき以来かも。
 DSPってのは,Digital Signal Processingの略で,このモジュールだけで同調・検波・増幅などの処理をやってしまうすごいやつ。ほんの少しの外付けパーツだけでラジオが作れちゃうのです。
 モジュールそのものは,左の写真のようにポリバリコンに裏にはめ込まれてる小さなものです。
とりあえず基板に乗っけるために,18個ある端子にスズメッキ線をハンダづけして足を生やしました。
 しかし,デジットのパーツセットに入っているスルーホールの小さな基板は部品配置に失敗すると取り返しのつかないことになりそうなので,少し大きめのユニバーサル基板の上で作ることにしました。
 回路図を見ながらパーツを並べ,テキトーに配線したおかげで不細工な出来になってしまいましたが,なんとか小一時間で完成。
Dspradio2 電源を投入すると,FMモードで起動します。チューニングは比較的クリティカルで,じわーっと同調する感じではなく,いきなりドカンと同調します。デジタルってのはこういう感じなのか。でも一度同調すると,ズレることなく安定して受信できます。これは,AMモードでも同様。
感度はなかなか良好です。AMのバーアンテナを大きいのに取り替えたらもっと感度アップするのかな。
 強力な局を受信すると音量がバカでかいので,参考回路にならって50KΩのVRを後付けしました。Bカーブのを持ってなかったのでAカーブのやつを使いました。
DIPスイッチかなんかを取り付けてモードを切り替えられるようにすれば短波も受信できるようですから,今度やってみようかな。

【関連エントリー】 デジット/DSPラジオモジュールで短波放送を受信してみた

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

ビオサバールの法則で直線電流の作る磁場を計算する【授業メモ】

Biotsavart1 以前の記事で,イイカゲンなことを書いていたので,書き直します。
 直線電流がつくる磁場を高校教科書みたいに天下らないで,ビオ・サバールの法則を使って高校生にも分かるように,易しく丁寧に導出してみました。
 授業でもこの通り教えているのですが,生徒もなんとかついてこれるようです。

Biotsavart2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2014年3月 »