« 岐阜のローカル新聞で紹介されました | トップページ | PICのお勉強(13)C言語編 LEDの点灯 »

2012年5月13日 (日)

名古屋市科学館 放電ラボ

1040048 物理部の生徒を連れて,名古屋市科学館へ遊びに行ってきました。
 昨年リニューアルして大変な人気みたいだったので,しばらく様子を見ていたのですが,「そろそろ空いてきたんじゃないの?」と思って行ってみたら,とんだ大間違いでした。
 写真のように,人気のプラネタリウムの入場整理券をもらうために,何百人も並んでいます。そばにいた科学館の職員に聞いたら「ゴールデンウィークは大変でしたけど,今日は空いてますよ(^-^)」だって。
1040090 仕方がないので,常設展示のみを見ることにして400円の入場券を買いました。(高校生は200円)
生命館はリニューアル前とほとんど同じですが,理工館の展示物が大幅に増えていて,ほんとに素晴らしいです。
 天井近くに設置してある巨大ウェーブマシン(縦波・横波)やモンキーハンティングの装置,音のフレネルレンズ,巨大トルネード実験装置など,目を見張る展示物が数多く新設されています。
 展示物を解説する職員やボランティアも以前に比べると増員されていましたが,入場者が多すぎて対応し切れていない様子でした。でも皆さん頑張ってらっしゃいました(^^)
 2枚目の写真は「放電ラボ」の巨大テスラコイル。客席は金網の中に入っていて静電シールドされています。
さすが,150万ボルトの放電はすごい迫力です。

|

« 岐阜のローカル新聞で紹介されました | トップページ | PICのお勉強(13)C言語編 LEDの点灯 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26930/54697457

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市科学館 放電ラボ:

« 岐阜のローカル新聞で紹介されました | トップページ | PICのお勉強(13)C言語編 LEDの点灯 »