« NE555で作る超低周波発振器 | トップページ | サボニウス型風力発電機 »

2012年4月20日 (金)

PINフォトダイオード使用簡易放射線量モニターキット

201204201 4月上旬に,秋月電子のキットで「PINフォトダイオード使用簡易放射線量モニターキット」ってのが新発売されたのに気がついて,さっそく手に入れて作ってみました。
 γ線のセンサとなるSiPINフォトダイオードをアルミホイルで包んで遮光しながら同時にアースを取る工作にちょっと手間取りましたが,電子工作に慣れた人なら1時間もかからず完成させることができると思います。
201204202 製作マニュアルには,ノイズや回路の発振対策にきちんと静電シールドしろと書いてあります。でもまあ,基板をアルミ板の上に乗せてアース線をつなげば大丈夫だろうと思って適当な工作をしてたのですが,これでは全然ダメでした。SW1を押して「検出しきい値電圧」を確認すると,5.3Vとかのあり得ない値になっています。これは0.5V~1.5V程度でなくちゃいけないようなのです。
201204203 アルミホイルを巻きつけるのも不細工ですから,薄いアルミ板を切って簡易的なケースを作って基板を覆ってみたところ,「検出しきい値電圧」は0.46Vくらいの適正な値(?)に落ち着きました。
 線源として,ランタンのマントル(キャプテンスタッグ社のもの)をSiPINフォトダイオードに近づけてみたところ,結構な勢いでカウントアップされていきます。おー,こりゃすげー。

|

« NE555で作る超低周波発振器 | トップページ | サボニウス型風力発電機 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26930/54519231

この記事へのトラックバック一覧です: PINフォトダイオード使用簡易放射線量モニターキット:

« NE555で作る超低周波発振器 | トップページ | サボニウス型風力発電機 »