« 超大型表示マイコンデジタル時計キットVer.4 | トップページ | NE555で作る超低周波発振器 »

2012年3月25日 (日)

クリップモーターカー

 20120318 物理教材として有名なクリップモーターで動くクルマを作ってみました。
ボディはプラ段ボール,磁石はネオジム磁石,電源は単三電池2本で3V,コイルは直径1mmのホルマル線を写真のようにメガネ型に左右とも5回ずつ巻いてあります。
 問題は,車輪をどう駆動するかですが,この写真のように前輪を3輪にして,真ん中の車輪(プーリー)とコイルを輪ゴム(プーリーベルト)でつなぎ,モーターの回転を伝えています。
201203182 駆動輪はボディとは別のプラ段ボール板に取りつけてあって,輪ゴムの張りを適切に調節してからボディにセロテープで固定しました。これで完成。
コイルに電流を流すと,モーターは勢いよく回転しますが,駆動輪は比較的ゆっくり回転します。床に置くと,トコトコと走りますよ。

|

« 超大型表示マイコンデジタル時計キットVer.4 | トップページ | NE555で作る超低周波発振器 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26930/54250016

この記事へのトラックバック一覧です: クリップモーターカー:

« 超大型表示マイコンデジタル時計キットVer.4 | トップページ | NE555で作る超低周波発振器 »