« いまさらゲルマラジオ?【その3】 | トップページ | DiCEの設定変更 »

2008年11月30日 (日)

いまさらゲルマラジオ?【その4】

200811301 検波器には,1N601K60とかのゲルマニウムダイオードを使ってもいいですが,黄鉄鉱や方鉛鉱などの鉱物を使うのも面白いですね。
 金属の酸化物や硫化物の表面を尖った縫い針なんかで探ると,ショットキーバリアダイオードと同じ原理で検波ができるのです。
 針には適度な力をかけてやらないといけませんから,この写真のような道具を作り,太い導線の自重が鉱石にかかるようにしました。


200811302 これが拡大画像。黄鉄鉱方鉛鉱磁鉄鉱,錆びた10円玉など,いろいろ試しましたが,この黄鉄鉱が最も優秀で,ゲルマニウムダイオードと比較しても遜色のない検波能力を持っていました。
 滑らかにピカピカ光ってる大きな結晶面より,小さな結晶がごちゃごちゃしてることろに当てるとイイ感じです。
 この動画をご覧ください。(ラジオの出力にアンプをつないでスピーカーを鳴らしています)

この本,オススメです→ ぼくらの鉱石ラジオ


|

« いまさらゲルマラジオ?【その3】 | トップページ | DiCEの設定変更 »

学問・資格」カテゴリの記事

電子工作」カテゴリの記事

コメント

2004年の記事にコメントしました。
もし宜しければ返信ください。

投稿: 田中 | 2008年12月 2日 (火) 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26930/43270529

この記事へのトラックバック一覧です: いまさらゲルマラジオ?【その4】:

« いまさらゲルマラジオ?【その3】 | トップページ | DiCEの設定変更 »