« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年5月

2006年5月16日 (火)

【祝】初級シスアド【合格】

20060516 今日は,先月受けた初級システムアドミニストレーター試験の合格発表がありました。ネットで見られるんですよ,便利ですなあ。
 んで,結果は左のように見事合格♪(クリックすると拡大表示)
10時間しか勉強してないわりには高得点で合格じゃないですか,こりゃうれしいな(・∀・)
統計情報を見てみたら,受験者53,413人,合格者15,636人,合格率29.3%なんだって。よーし,今夜は祝杯だー♪

 ところで,ほんとは先週の金曜日に発表予定だったのに,何か手違いがあったのか今日に変更になったんですよね。情報処理技術者試験なのにそんなんじゃダメだよなー。
【読売新聞】 合格発表ふいに延期、苦情続々…経産省所管の国家試験

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

【Access Report】リンク元情報の文字化け解消

 このブログのアクセス解析にはKENT-WEBさんのAccess Reportを使ってるんですが,Googleなんかの検索キーワードが文字化けしちゃうんですよね。
 これはGoogleがUTF-8コードを使用してるからなんだそうで,対策としては,jcode.pl」の代わりにjcode.pmを使えばいいようです。
まず,ココでJcode-2.04.zip.をダウンロードして,展開して得られるjcode.pmとJcodeフォルダをサーバの「Access Report」ディレクトリに転送。次にreport.cgiの

# 文字コードライブラリ
$jcode = './jcode.pl';
     これ↑をこう↓書き換え,
# 文字コードライブラリ
# $jcode = './jcode.pl';

# シフトJIS変換(検索エンジンからのキーワード処理)
require $jcode;
&jcode'convert(*ref,'sjis');
     これ↓をこう↓書き換えればOK。
#シフトJIS変換(検索エンジンからのキーワード処理)
# require $jcode;
use Jcode;
# &jcode'convert(*ref,'sjis');
Jcode::convert(¥$ref,'sjis');
アクセス解析を見てみると,僕のくだらない投稿記事がGoogle検索では上位でヒットしてるみたいで恥ずかしいです(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

うちの学校では「国家」斉唱はしなかったな~(笑)

20060513 最近めちゃくちゃ忙しくて,今日もサービス出勤してたんだけど,県教委から学校宛に来てるメールをチェックしてみたら,「公立高等学校(全日制)における入学式及び卒業式での国旗掲揚及び国歌斉唱に関する取り扱いについて(照会)」なんてのがありました。
文部科学省初等中等教育局から下りてきた調査らしいんだけど,毎年こんなことが行われてるんでしょうかね。なんか嫌な感じ。
調査票の質問項目は,3月の卒業式と4月の入学式について,

国旗掲揚 : 掲揚した/掲揚しなかった
国家斉唱 : 斉唱した/斉唱しなかった(メロディだけ流した/メロディも流さなかった)

なんて選択肢があって,○印をつけるわけ。
うちの学校は「国家」の斉唱はしませんでしたな~。ここは「斉唱しなかった」に○印をつけないとね。あはは。
これは僕の変換ミスじゃなくて,調査票にはホントにそう書いてあったんですよ(^^;)
調査票の標題にも「国旗掲揚及び国家斉唱の実施状況(該当する欄に○)」って書いてあるしね。まあ,どうでもいいんだけど(笑)

 しかしね,笑い事じゃなくて,だんだん息苦しい国になってきましたな。そのうち,

職員は国歌斉唱したか : 全員が斉唱した/斉唱しない職員がいた
国歌斉唱しなかった職員についてその氏名を記し,該当する欄に○ (起立はした/起立もしなかった)

なんて調査項目も加わるんじゃないかな。
それとも,東京都みたいに県教委から監視役が派遣されるようになるのかしら。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

自宅サーバからメールが送れない

20060507 どうも僕には定期的にサーバを交換したくなるクセがあるようで,先日¥2,980で買った中古ノートPC(富士通のFMV-6233NU2/W,PenⅡ233MHz/160MB/4GB)にDebian GNU/Linux 3.1(sarge)を入れてサーバに仕立てました。
たいしてアクセスもないし,この程度のスペックで十分だよね。
 で,久しぶりにPostfixでメールサーバも立ててメールを送ってみたんだけど,どこにも届きません。
どうしたのかと思って調べてみたら,どうも僕が契約してるniftyのコレ↓のせいらしいです。
25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)の実施について
うーん,niftyもつまんないことをするもんですね。
仕方がないので,/etc/postfix/main.cf に,

relayhost = smtp.nifty.com
と書いて,niftyのsmtpサーバを中継してやったらうまくいきました。
でも,せっかくの自宅メールサーバなのに,nifty経由にしなくちゃならないなんておもしろくないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

池田香代子さんの講演を聴いてきた

20060503 昨日,「5・3憲法記念日 岐阜県民のつどい」っていう集会に参加し,池田香代子さん(ドイツ文学翻訳家・口承文芸研究家)の「世界がもし100人の村だったら」と題された講演を聞いてきました。
演題にもなっている「世界がもし100人の村だったら」や「やさしい言葉で日本国憲法」で有名なかたですが,僕が初めて買った本は都市伝説(現代伝説)のアンソロジー「ピアスの白い糸」や「走るお婆さん」で,むしろそっち方面で注目してた人でした。一般には知られていませんが(笑),僕はコアな都市伝説マニアで民俗学にも深い関心を寄せています。特に岐阜発の都市伝説「口裂け女」についてはちょっとうるさいのだ。(聞きたくないですか,そうですか)

 ですから,その池田香代子さんが「世界がもし100人の村だったら」を書いて話題になったとき,ちょっと意外な感じがしたのですが,そのあたりの話も聴けるのかなと期待してこの集会に参加したのです。
池田さんはeメールで広がったこの作品(?)を「これは現代民話だ」と感じたんだそうです。確かにeメールで微妙に変容しながら人から人へ伝わるハナシは「口承文芸」ですよね~(^-^)
 その後,「100人村」を音楽で表現したいという人が現れ,CD化されたのですが,その1曲目が「イマジン」だったんだそうです。それを聞いたある人が「これって日本国憲法じゃん」って言ったり,「うちの本棚では『100人村』を憲法の隣に並べてます」なんてメールをもらったのがきっかけで作ったのが「やさしい言葉で日本国憲法」。へ~,なるほどねー。

 池田さんは英文の日本国憲法を新訳するにあたって,相当に勉強されたようです。
面白かったのは,
「『押しつけ憲法だ』なんて批判がありますが,それはまったく的はずれです。GHQは日本国憲法を作るに当たって鈴木安蔵さんの憲法研究会が1945年12月に発表した憲法試案「憲法草案要綱」を下敷きにしたんです。いま,国立国会図書館のホームページで紹介されてますからぜひ見てみてください。永田町の政治家も,すぐ裏にある国会図書館で勉強してきてもらいたいですね」
って話。
リンク先を見てもらえば分かりますが,確かにこれは「オリジナル原案」といってよいものです。そうか,そうだったんだ。

 ユーモアあふれる楽しい講演でしたがここに全部を採録するわけにもいかないので,ちょっと探してみたら見つかりました。ココとかココに書いてあるようなことが講演で話されました。ぜひ読んでみてください。
そうそう,池田さんの言葉で特に印象に残ったものを紹介しておきます。

私たちは微力ではあるが無力ではない

これはいいですね。どっかで使ってやろっと(・∀・)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »