« よくわかる相対性理論の基本 | トップページ | 自宅サーバの連続稼働日数(uptime) »

2005年10月10日 (月)

ドッキリ自己誘導

20051010 今日は久しぶりに自宅でこんな工作をして遊んでました。(写真をクリックすると拡大表示)
これは,コイル(机の引き出しの中にあったトランス)に1.5Vの電圧をかけておいて,スイッチを切ると自己誘導で高電圧が発生するという装置です。・・・「装置」なんて大げさなモノでもないけど。
指を置いてるところに,500V以上の電圧が発生しますから,けっこうな電気ショックを感じます。電流は大したことないし,一瞬しか流れないのでどうってことはありませんが,心臓の弱い人にはお勧めできませんな(笑)
 写真だけじゃ何が何だか分からないと思うので,動画も撮ってみました。→ こちら
 高電圧が発生するところに,ネオン管(70~80Vの電圧で点灯します)を置いてみました。
ね,バッチリ光ってるでしょ?

|

« よくわかる相対性理論の基本 | トップページ | 自宅サーバの連続稼働日数(uptime) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26930/6340816

この記事へのトラックバック一覧です: ドッキリ自己誘導:

« よくわかる相対性理論の基本 | トップページ | 自宅サーバの連続稼働日数(uptime) »