« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005年6月26日 (日)

3枚の偏光板を重ねると

polaroid2
来月出版される本に書いた記事をちょっとだけ紹介します。
(上の写真はクリックすると拡大表示します)

 2枚の偏光板を重ねると,このように重なった部分が光を通さなくなることはよく知られていますが,2枚の偏光板の”間に”,もう1枚の偏光板を”斜めに”挿入すると,ご覧のように光を通すようになります。
なぜこんなことになるのか分かりますか? 
その理由はこちら(PDF 107KB)をご覧ください。

この他にも興味深い実験が紹介されている「のらねこ先生の科学でいこう!」をよろしく。
最近,宣伝ばっかりだな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月16日 (木)

小中陽太郎氏に「営業」する

20050615 昨夜,行きつけのJAZZバーへ入ったら,キープしてあったジャックダニエルズのボトルを持ったマスターが寄ってきて,こう囁きました。
「あそこにいる人ご存じですか? 小中陽太郎さんですよ」
店に入って,カウンターに寄りかかって携帯電話をかけてる紳士を見たとき,どこかで見たことのあるおっさん(失礼)だなあと思ったんだけど,そうか,そうだったのか。
 彼はいま,大学教授をしてるようで,大学の先生や出版社の編集者など5,6人で飲んでました。しばらくするとそのグループの1人がピアノの前に座り,若い女性がクラリネットを手に立ち上がり,店のマスターがギター(フルアコ)を取り出してきてジャムが始まりました。これがまたJAZZYですっごいカッコいい♪ チャージも払わないでこんな演奏を聴けるなんてラッキー(^-^)
あのピアノのおっさん,深町 純じゃないかしらん?と思って,ギターを置いてカウンターの中に戻ったマスターに聞いてみました。クラリネットとピアノの演奏は続いています。
「あ,あの人はヤマハの部長さんですよ」
なんだ,残念。深町純がタダで聴けるわけないよなあ。でも,部長さんのピアノもなかなかイカしてるよん。

 小中陽太郎氏もノリノリで,ヤマハが開発した超ミニサイズのハーモニカをソウルフルに(?)聴かせてくれました。
拍手の後,マイクを持って,
「先日,ラメール母って本を上梓しましてね。それが今度ミュージカルになるんですよ」
と,チラシを配り始めました。店には彼らを入れて3グループくらいしかいないんですけどね。
僕にもチラシをくれたので,お返しに(?)たまたま持っていたのらねこ先生の科学でいこう!のチラシをあげました。
「へえ,日本評論社ですか。・・・のらねこ先生・・・。大学の先生ですか?」
「いやいや,高校で物理を教えてます。共著なんですけど,よかったら買ってくださいね」
「はい,あなたのお名前は何ておっしゃるんですか?」
とまあ,こんな具合にいろんなとこで営業してます。ははは。
昨日,日本評論社のこれから出る本のラインナップにも掲載されたようです。みなさん,よろしくね。



| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年6月12日 (日)

「のらねこ先生の『科学でいこう!』」最終校正

20050612 以前紹介した僕たちの本の刊行もいよいよ来月に迫り,今日は最終の校正作業でした。
 長い時間をかけて共同で作ってきたものですから,かなり良いデキだと自負しています。
←コレが出版社(日本評論社)が作ってくれた書店配布用の宣伝チラシです。(クリックすると拡大表示)

「のらねこ学会のサイエンスショーを紙上で再現。 楽しく本質をつく実験を,母親たちのサークルでも行えるようノウハウを伝授」

なんて書かれてます。うまいこと書きますな~(^-^)

 調子に乗って,↓出版記念特設サイトまで作ってしまいました。
http://straycats.net/kagaku_de_ikou/wiki.cgi
ココで宣伝チラシのPDFもダウンロードできます。印刷して住所氏名を書いて書店に持っていくと予約できますよ,ははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »