« ザ・ニュースペーパー「笑国日本」 | トップページ | Bフレッツ,工事日決定♪ »

2005年5月 5日 (木)

出版間近!「のらねこ先生の『科学でいこう!』」

20050505 今日は岐阜物理サークルで作っている本「のらねこ先生の『科学でいこう!』」(7月下旬に日本評論社から刊行予定)の編集会議がありました。
初稿ゲラが1/3ほど送られてきたので,みんなで集まって校正作業を行ったのです。
よくある実験本とは一味違う,ユニークな本になりそうです。
こういう"自らの意思でやる仕事"と"仲間"があるから,なんとか生きてられるって感じですな(笑)

 話は違うけど、JR西日本の「事故に遭遇しながら救助に当たらせることなく出勤を命じた上司とその指示に"素直に"従う部下」,「事故を知りつつボーリング大会+飲み会をしてた懇親会」などが厳しく批判されています。
それはもちろん当然のことなんだけど,組織が大きく,しかも労務管理が厳しいと多かれ少なかれ社員は思考停止してロボット化するものなのだろうと思います。
勝手に動いて失敗すると査定に響くけど,上司の命令なら失敗しても上司の責任だしね。目の前で人が死んでてもいつもと同じ行動しかできないんだから驚くべきことだけど。

 でも,それは学校も同じで,東京都みたいに君が代問題などで教員を締め付けているとそのうちとんでもないことになるだろうと思います。
 自らの良心に従って不起立を貫く教員を処分してるうちに,上司の命令にはよく従うが、命令がなければ教員として人間としてするべきことを何もしないという人ばっかりになっていくはずです。石原もそれくらいのこと気づけっての。まあ所詮,二流小説家にすぎないから無理なんでしょうな(笑)
 学校で子どもがいっぺんに100人も死ぬようなことはないから誰もその問題に気づかないかもしれませんが,教員も徐々にJR西日本社員化してますぜ。
 あなたの会社はどうですか? あなたはJR西日本社員と違って"自らの判断で"行動できますか? ほんとにできる? 会社の不正に目をつぶってない?

|

« ザ・ニュースペーパー「笑国日本」 | トップページ | Bフレッツ,工事日決定♪ »

教育」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26930/3999156

この記事へのトラックバック一覧です: 出版間近!「のらねこ先生の『科学でいこう!』」:

» JR西日本社長、そんな社員に誰がした? [為替王]
脱線した電車に乗り合わせたJR西日本の運転士2人は、救助活動をせずに、上司の指示に従ってそのまま出勤したという。私が当の運転士であったなら、彼らと同じように上司の命令に従って出勤していたことと思います。JR西日本で出世を目指すなら、上司の命令に逆らって「救助活... [続きを読む]

受信: 2005年5月 8日 (日) 16:12

« ザ・ニュースペーパー「笑国日本」 | トップページ | Bフレッツ,工事日決定♪ »