« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月29日 (日)

intelのLANカードはすごいぞ

20050529 Bフレッツを導入した昨日は下り36Mbpsくらいで感動してたんだけど,スピード測定関係の掲示板を見てると70~80Mbpsなんて書き込みがゴロゴロあってちょっと驚きました。
 だいたい,別の部屋にあるCeleron400MHzのデスクトップ機でスピード測定してみると下り8Mbpsくらいしかでてないじゃないですか。「なんじゃそりゃ(怒)」
で,さっそくMTU・RWIN値の調整をしてみました。このサイトを参考にして,EditMTUでMTU=1454,RWIN=260176にしてみると,一気に20Mbpsまで跳ね上がりましたが,そのあたりが限界。 orz
「そういえばジャンク屋で買ったintelのLANカードがあったよな」と思い出して,引き出しをごそごそ。あったあった♪
久しぶりにPCのケースを開けて,LANカードを抜くとメルコのLGY-PCI-TXDというカニチップの安物カードでした。
(もちろん自分で買ってきて取りつけたものなんだけど,そんなもん忘れてますよね)
で,intelのカードに差し替えてから,もう一度スピード測定してみると,なんと下り45Mbps! さすがintel (゚∀゚)
あと,昨日36Mbpsを出したPentium!!!866MHzのPCもMTU・RWIN値を調整してみたんだけど,40Mbpsくらいが限界。確かこいつもカニチップの安物LANカードだったはず。奮発してこっちも高いLANカード入れてやろうかな。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年5月28日 (土)

Bフレッツ開通♪

20050528 ついに工事日がやってきました。
交通整理のおじさん1人と実際に工事をしてくれる兄ちゃん2人の計3人が午後2時半頃にやってきて,約1時間で作業は終了。どうもありがとうございました。
 Radish Network Speed Testing でスピードを測定してみたところ,下り36Mbps,上り15Mbpsくらいでした。これくらい出ればまずまずでしょう。
上りが格段に速くなったから,自宅サーバの方もサクサク見られるかな?

工事の様子を撮ってみました↓。(自宅サーバ)
http://physics.atnifty.com/photo/20050528/

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2005年5月21日 (土)

NTT光ファイバーのクロージャ発見♪

20050521 Bフレッツの宅内工事まであと1週間となりました。
トラックバックをいただいたブログ「たりらりら~ん♪の(謎)」を見てたら,「近所まで光ファイバーが来てるのを見つけた」って記事があったので,僕もカメラを持って近所を散歩してみました。(ヒマ人です)
 そしたら,ありました,ありました♪ あの灰色のクロージャは光ファイバー用のものに違いないっ。下に束ねてあるのは絶対光ファイバーだよね? ただ,うちから200mくらい離れたとこなんだけどね。来週までにうちの前まで来るんでしょうなあ。ちょいと心配。
 うちの前の電柱には,スパイラルハンガー(このスパイラルの中に光ファイバーを通すらしいです)が敷設されてました。来週が楽しみ~(^-^)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年5月 8日 (日)

Bフレッツ,工事日決定♪

20050508 以前,NTTともめた話を書いたけど,やっと,ついに,とうとう「光」が来てくれるようです(感涙)
思えば長い道のりでした。3年間,よく待ちました。自分で自分を褒めてあげたい。
工事日も5月28日(土)と決定し,その日を待つばかりとなりました。
都会に住む人にはこんな気持ちは分かんないんだろうなあ。(一応,ぼくの住んでる町も県庁所在地なんですけどね)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年5月 5日 (木)

出版間近!「のらねこ先生の『科学でいこう!』」

20050505 今日は岐阜物理サークルで作っている本「のらねこ先生の『科学でいこう!』」(7月下旬に日本評論社から刊行予定)の編集会議がありました。
初稿ゲラが1/3ほど送られてきたので,みんなで集まって校正作業を行ったのです。
よくある実験本とは一味違う,ユニークな本になりそうです。
こういう"自らの意思でやる仕事"と"仲間"があるから,なんとか生きてられるって感じですな(笑)

 話は違うけど、JR西日本の「事故に遭遇しながら救助に当たらせることなく出勤を命じた上司とその指示に"素直に"従う部下」,「事故を知りつつボーリング大会+飲み会をしてた懇親会」などが厳しく批判されています。
それはもちろん当然のことなんだけど,組織が大きく,しかも労務管理が厳しいと多かれ少なかれ社員は思考停止してロボット化するものなのだろうと思います。
勝手に動いて失敗すると査定に響くけど,上司の命令なら失敗しても上司の責任だしね。目の前で人が死んでてもいつもと同じ行動しかできないんだから驚くべきことだけど。

 でも,それは学校も同じで,東京都みたいに君が代問題などで教員を締め付けているとそのうちとんでもないことになるだろうと思います。
 自らの良心に従って不起立を貫く教員を処分してるうちに,上司の命令にはよく従うが、命令がなければ教員として人間としてするべきことを何もしないという人ばっかりになっていくはずです。石原もそれくらいのこと気づけっての。まあ所詮,二流小説家にすぎないから無理なんでしょうな(笑)
 学校で子どもがいっぺんに100人も死ぬようなことはないから誰もその問題に気づかないかもしれませんが,教員も徐々にJR西日本社員化してますぜ。
 あなたの会社はどうですか? あなたはJR西日本社員と違って"自らの判断で"行動できますか? ほんとにできる? 会社の不正に目をつぶってない?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月 2日 (月)

ザ・ニュースペーパー「笑国日本」

20050502 世間はゴールデンウィークだというのに,サービス出勤の日々が続いています。まったくワリの合わない仕事だなあ(^^;)
さて先日,斎藤貴男の絶望禁止って本を読んでて知った社会風刺劇団ザ・ニュースペーパーのDVD笑国日本を買ってみました。
これはホントにオススメです。公共の電波には乗りそうもない毒のある政治ネタで大いに笑わせてくれます。
 たとえば,卒業式における君が代斉唱強制問題を扱ったネタでは,いかにもっていうファッションの校長や教育委員会の男が「だって,自分のアタマで考えたことがないから分かんないんだもの~」なんてセリフでオチをつけてくれますし,サマワに派遣されている自衛隊の隊長は「我々の最大の任務は無事帰国することだ!」っていうホンネ(?)を聞かせてくれます。そうだよな,自衛隊も小泉ポチのおかげでひどい目に会わされてるんだもんな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »